NISA口座から特定口座に移管した場合の取得原価と損益通算について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NISA口座での非課税期間は5年間です。5年後には、「1)翌年の非課税投資枠に移す(いわゆるロールオーバー)」「2)課税口座(特定口座)に移す」「3)売却」のどれかを選択することになります。含み益が出ている場合は、基本的に2)か3)を選択することになると思いますが、今回2)の場合の疑問が出てきたので証券会社に問い合わせてみました。質問と回答をメモしておきます。

特定口座移管後の取得価格と損益計算はどうなるのか

金融庁のNISAのポイントを見ると、課税口座へ移した場合は、移した時点の価格が取得価格に変更されると書いてあります。

(ケース1)
NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に150万円に値上がりしていたとします。
この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は150万円に変更されます。

上記ケースで特定口座に取得価格150万で移管後、140万に値下がりそこで売却した場合、10万円をその年の売却損として扱えるのか、というのが気になりました。ということで聞いてみました。

マネックス証券に質問

自分はNISA口座をマネックス証券に開いているので、マネックス証券に聞いてみました。

質問内容

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/point/index.html
上記、金融庁のサイトのケース1にあるとおり、NISAで買い付け後、値上がりしている場合は移管時の価格で取得原価が再計算されるものと認識しております。
—– 抜粋 ——-
(ケース1)
NISA口座で株式を120万円で購入し、5年の非課税期間終了時に150万円に値上がりしていたとします。
この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は150万円に変更されます。
———————-
課税口座移行後、140万円まで値下がりし、そこで売却した場合、こちらは売却損10万円という扱いになるのでしょうか。 通常の株式であれば、同年内の取引の売却益と売却損は相殺することができると思います。 上記のような売買も、取得価格がNISA移管時のものとなるため、この損益通算の対象となる売却損となりますでしょうか。

よろしくお願い致します。

マネックスからの回答

マネックス証券でございます。
いつもご利用いただきましてありがとうございます。

お問合せの件につきまして回答申し上げます。

NISA口座から特定口座(課税口座)へ株式等を払出した場合、ご理解の通り、払出し日の時価が取得価格となります。

例として挙げていただいたようにNISA口座で120万円で購入し、払出し時点の時価が150万円であれば、売却時の損益計算は取得価格150万円と売却代金の差額にて計算いたします。

特定口座でのご売却による譲渡損益は、特定口座での損益計算の対象となりますので、お申出のように140万円で売却し10万円の損失が発生した場合、他の取引にて発生した利益との損益通算が可能でございます。

以上をこのたびのご説明とさせていただきます。ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

今後ともマネックス証券をよろしくお願い申し上げます。
マネックス証券コンタクトセンター XX

さいごに

上記回答を見ると、利益が出ている銘柄でまだ引き続き持っていたいと思う場合は、そこで急いで売らなくても、持っていても良さそうですね。売却後、特定口座で即同額で買いなおしたのと同じ意味になりそうですし。再購入の手数料の削減くらいにはなりそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください