2019年度、投資成績まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2019年度の1年分の成績をまとめてみます。

資産運用成績(2019年度)

2018年度末の総資産8,551,582円からのスタート。

また、7,562,302円で仕切り直しということにしました。

しかし、管理をマイトレードに任せていたところも大きく、入出金もありよくわかりません。

2019年度成績


マイトレードによると、2019年度の成績は、+1,140343円(+15.08%)でした。


また、マネックス証券、SBI証券、GMOクリック証券の総資産総額は11,320,470円でした。

総資産の増加率が損益より大きいのは、SBI証券にIPO用に現金を追加入金したからです。

コメント

株式投資成績(2019年12月末)に書いた通り、人生全体でのトータル損益は下記の通りです。

2017年5月に種銭1,000万円で再スタートしました。

それ以前の成績は、-60万の損失程度でした。

その2017年5月からの損益合計は、マイトレードによると現在-319,136円です。

つまり、人生合計では約-91万9千円といったところですね。

まだまだ負けてますね。

2020年の投資について

新たに、楽天証券でインデックス投資を再開することにします。

というか、すでに始めており現在の成績は下記の通り。


+8.41%ですね。

やはり、パンピーの個別株投資はインデックスに負けるのか。。。

ポイントアップもありますし、日本株だけでなく世界に投資するという意味で、貯金の代わりの位置付けでこちらは運用していこうかなとおみおます。

インデックス投資の積立銘柄と金額

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

国別の比率と、組み入れ銘柄上位は上記のとおり(目論見書よりキャプチャーで引用)。

日本を除く海外に投資。主に米国ですね。

こちらを毎月50,000円積み立てることにします。

なんと、楽天クレジットカードからの引き落としで積み立れるみたいです。すごい。

また、溜まった楽天ポイントも全額利用する設定にしたので、余った楽天ポイントも投資に回すことにします。

このインデックス投資のPFの方は、個別株投資とはまた別で集計しておきたいと思います。

個別株投資について

とりあえず、管理の手間削減のため、入出金はあまりしないようにしようかなと思っています。

NISA分の入金管理をどうしようとは思っています。

ただし、現状損失繰越があるので、NISA枠はそれがなくなってからしか利用価値がないと思います。

よって、NISA枠を2020年度は使うことはないかなと思ってます。

よって、マイトレードによる2019年度末総資産11,320,470円を、2020年度の種銭としてスタートする感じにしようかなと思ってたりします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください