株式投資成績(2016年01月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遅くなりましたが、2016年1月分をまとめてみます。マネックス口座のキャプチャー自体は2月2日にしたものなので、それなりに1月分の計算としては正しいはずです。ただ単に、計算ができていなかっただけです。


資産運用成績(2016年1月31日)

全体

お預かり資産評価額

全体2016年1月31日

NISA口座残高

使ってないので、1,000,000円そのまま入っている。

NISA + お預かり資産評価額:6,545,595円

お預り資産評価額(投資分):5,545,595円 (前月比 -241,774円)

(上記のうちお預かり金・MRF合計:1,247,687円(前月比 +100円) )

含み損益合計(以下で計算する個別損益の合算値):-2760,700円前月比 – 282,077円

上記ですが、個別損益の合計である「含み損益合計の前月比」の値と、「お預かり資産評価額(投資分)の前月比」の値って、同じになるはずなのですが、40,303円の差額がありますね(282,077円-241774円)。これはなんだろう。

個別株

個別株2016年1月31日

評価額合計:1,669,700円 (前月比 – 104,600円

評価損益合計:-2,739,900円前月比 – 104,600円

個別株種銭:4,409,600円(前月比 0円)

投資信託

投資信託2016年1月31日

評価額合計:2,628,208円(前月比 – 40,890円

評価損益合計:20,800円(前月比 -135,877円

投資信託種銭:2,607,357円(前月比 +95,000円 (積立分))

投資信託の金額が毎月ずれる問題があったのですが、95,000円毎月買い付けているのを、85,000円と勘違いして記載していたのが原因だったようです。過去記事も直しました。

-135,877円(評価損益合計) + 95,000円(種銭追加分) = -40,877円 で評価額合計と13円しか差額がなくなりました。毎月1万円近くずれてたのは、種銭の記載が誤っていたからだけのようです。

まとめ

現在の投資スタイルは、ひとまず投資信託を積み立てる、です。ドルコスト平均法で、長期的に儲かればいいなーって感じですね。相場が下げている時も買い続ける必要がありますが、そこをどう考えられるかですね。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. masa より:

    年明けからの株の大暴落は、どうしようもないですね。
    下がりきったところで買いたいと思っていても、どこが底なのかわからない。
    こんな時は、無理せず、あせらず、何もしないのが良いですね。
    昨年末にNISA枠が余ってるからと買ったらやられてます。
    IPOで買った、日本郵政、ゆうちょ銀行も売らずにまだ上がると欲張ってたら
    マイナス金利や大暴落で含み損になってしまいました。
    IPOは、利益確定でまずは売らないけないのが良くわかりました。

  2. @investor_y2 より:

    IPOはとりあえず利益確定するのが重要そうですね。まだ当たったことないので、当たることを祈るのが先になりそうです。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください